やまのてのブログ

お酒やめたくて色々と書きます。

宝の持ち腐れ(0)

またまた二子玉川のイルミネーション。
一眼で撮るよりも安いケータイの方がうまく撮れてしまい、少し傷つきます。
宝の持ち腐れを体感!しました。



今日は9時まで残業。
年内に終わらせたい仕事があるのに、気づけば残り2週間。
そして今週末は木金と飲み会。
今日明日明後日で色々潰したくての残業。


思うに、日本の企業の問題は、管理職にあると思います。
管理職の連中に仕事の決定権について権限がないのが問題だ。
彼らだってこの仕事はいらないだとか、この仕事は費用対効果が薄い、などと思うことがあるだろう。
しかし、仕事を辞めるためには非常に莫大な労力がかかるのだ。
なぜなら彼らの評価は生産性で決まらないから。
評価の基軸がないから、現状を帰る理屈が作れない。
結果として今ある仕事をやめずに、むしろ増やして評価を得ることになる。
困るのは部下もそうだが、本人、そして彼の下の管理職もしかりである。
ひどい話だと思う。
もっと気楽に事業を投げ打っちゃえば身軽になれるのにね。
辞めることを敗退と考える文化が良くない。
そのくせに革新を求めるから人が足りない。
ヒト・モノ・カネのリソースを投資して、どれだけの効果が見込めるのかの判断をしなくていいのが日本の管理職、そして役員に多数いるから働き方も変わらないのだ。


だから、働き方改革はます高齢者の生き方改革から始めなくちゃいけない。
とりあえず50才を定年にして、退職金は再雇用しなくちゃ貰えなくする。しかも65最低年の月額制。
再雇用はアルバイト勤務。時給は最低賃金。
雇用主からの解雇はあり。つまり使えるスキルのない人は実質退職金なし。
しかし仕事をなくした人には生活保護が発生する。
今の時代で、手取りで年間一人240万円。
結婚してても480万円貰える。
家を持たない人には公営住宅も用意される。
そうすると、
50才以降は文化的な最低限度の生活が保証され、場合によっては低賃金労働の確保もでき、若手の正社員率も上がることが期待できないだろうか。
もちろんセットで経営者には若い人材の取得に関する制限も与えるといいだろう。
セーフティネットは50才まで逃げ切れば用意されていると思うと、そんなに悪くないのではないか。
まぁ財源とかはわかんないけどね。
高所得者層の課税を多くでもしたら?


若者から見ると、これからやめて退職金をもらって、さらに年金もしっかりもらえる世代は憎らしい。
バブルをしっかり謳歌したやつが多いのも腹立たしい。
さらに言えばそいつらがイタチの最後っ屁のごとく無駄な事業を推進してやり逃げしていくのが目に見えているのが腹立たしい。
なんで途中で辞めたやつがしっかり退職金もらえるんだよ。
事業が黒字化するまで払いたくない。


人材は、適材適所があるとよく言う。
しかし、適時があるとは誰も言わない。
残念ながら、人には適時というものがある。


仕事と人材の持ち腐れ、これが現状の日本を縛る大きな制限ではないかと思います。

健康志向病(0)


健康は何にも変えられない。
しかし健康のためにすべてを犠牲にして良いとは思わない。
健康は言ってみれば、衣食住の更に下にある、我々のベースとなるステータス(状態)である。
もちろんないがしろにしていいものではないし、それが存在しなければ上位にある衣食住はもとより、文化的な生活もままならない。
しかし、健康に留意するあまりに帰って不健康になってしまうケースもあると思います。


例えば、俺みたいにパソコン好きなのに夜触るのを控えて酒を飲むとか。
ランニングも膝を悪くするからやらないとか。
冬は風邪をひくから外歩かないとか。
まぁこんなのです。


健康には、体と心のに側面があると思います。
最近は体の健康に非常に気を使う反面、心の健康が少し蔑ろにされているような気がします。
本当に好きなことをする時間もなく。
仕事には意味を感じず。
家族や地域とのつながりは希薄化し、浮草のように職場と家を往復する。
電子的なつながりに居場所を見出し、振り返っても足跡がない。
仏教的な思想で言えば、過去に意味などないし、未来にも意味はない。
だけど世俗的な私としては、どうにもこれが寂しいことと思わずにはいられない。


もう少し世の中全体が、自分の好きなことを掘り下げ、それを継続できるようになるといいと思う。
そしてそれは教育の変革によって可能となるが、教育する側の教師や親たちの意識改革が必要なことなのではないか。


自分の時間を優先すれば、子供との時間は減るという懸念もある。
しかし極端な立ち位置ではなく、ゆるい形で自分の好きなことができるはずだ。
子供といても、写真は取れる。
仕事の昼休みにでも、ブログは書ける。
朝少し早く起きれば、ランニングもできる。
子供を負荷にして、筋トレもできる。
一人ではなく、誰かやるにはどうすればいいか、というのも楽しみのひとつにすればいいのではないだろうか。



焼肉行きたいなぁ。

意外とやらない(0)

パソコンを買って10日経つ。
買うときにはやりたいことを整理して、このパソコンを!ってことで買ったのに、意外と触らない。
目的に上げていた、日記書いたり、ブログ書いたり、文書整えたり、メールしたりなんてのは、そんなに好きなことではないのかもしれない。


文章を書くのは好きだけど、今はクラウドに入れないとスマホでいじれずに不便で腰が上がらない。
これは少し完全主義の悪いところが出てしまっている気もする。


各端末との同期をとるならWi-Fiを導入しようか、ということも検討事項に上がるけれど、そこまでしなくちゃ楽しめないようなことなら、そんなに好きではないということになるのではないか。
そんなことで、パソコンを買ったのに、相も変わらず夜の使い方はあまり変わらず、つい酒を飲んでぼーっとしてしまう。


本読むにも、子供が寝ると部屋は暗いし、別の部屋は寒いし。
早く寝ればいいんだろうけどなぁ…