やまのてのブログ

日々つれづれなるままに

新人がサービス残業してた

昨夜は職場の若手が集まっての懇親会があった。
非常に楽しい会でよせばいいのにたくさん飲んでしまった。
最初は飲まなくていいかなぁなんて思ってたのに、気づけば飲んでるのはこれ気をつけてもどうしようもないかもしれん。
シアノマイドとか飲めば行けるかもしれないけど…
ひとまずは家のみをやめることから始めたい。(弱腰)


そんな中で衝撃だったのが、新人がめちゃくちゃサービス残業してたこと。
よくよく聞いてみると土日も自宅で仕事をしているらしい。
なんでそんなことになってるかというと、職場の人員が足りない事と管理職が仕事を減らしてくれない事が原因のようだ。
まぁ当たり前か。


やっぱり管理職にはしっかり仕事量をコントロールしてほしい。
そのためにも管理職の給与は上げていいと思う。
従業員は安くてもいいから人として普通に働けるような環境になるといいな。


そんなことを考えていると、フリーターや派遣社員だってそんなに悪くないかもしれないと思える。
自分は月20万あれば家族四人を養える自信がある。
妻が働けるようになれば一人月10万ずつ稼げばいいのだ。
それでもだめなら生活保護だってある。


それに、実家に帰れば家がある。
服には頓着しない。
食うものくらい稼げばいいのだ。
下手すれば月15万でもどうにかなるかもしれない。
子供の学費だけためとけば、本当にあとはどうにでもなるんじゃないだろうか。
(子供の学費すら貯めれない人がごまんといることを思えば甘いこと言ってる気しかしないが…)


あるいはフリーターではスキルがつかないということもあるだろうが、いまの事務職だって同じことだ。
気楽に働いて気楽に過ごして行くために、どういうことが必要になるか、何年かけてでも(気楽に)突き詰めていいテーマかもしれない。
あんまり考えすぎるとそれはそれで問題なので、程々にね。


しかし灯台下暗しとはこのこと。
やっぱり話さないと聞けないことは多いなぁと改めて確認した。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。