やまのてのブログ

お酒やめたくて色々と書きます。

酒がなくて何が困るか(3)

断酒のブログですからね。
ちゃんとお酒のことを書きましょう。
しかしお酒やめて困ることを書くとは、なんとも言い訳がましい感じです。
でもいろんな視点で飲んじゃう原因を分析するのは意味が無いともいえないではないか?意味があるともいえないけれど。
以下列挙。


・友人との付き合い方を変えなくてはならない(会って話すだけじゃ間が持たない気がする。山とか海とか、一緒に遊ばないとだめかもしれない)


・仕事の接待で困る(ような気がする。でも優秀な方や出世されてる方で飲めない方もいるよなぁ)


・旅行の際に土地の文化を楽しむ機会が一つ減る(酒は農業の一つだからね)



…こんなもんですかね。
まとめると、遊びを見つけて旅行と出世を諦めればオーケー。
…安直にまとめた割には意外と反論し難い気がする。犠牲が大きいと感じるかどうかは人それぞれと思いますが…



今日は前日からの繰越業務やその他のイレギュラー案件でバタバタとした結果、2時間半の残業であった。
で、思ったんだけど、週に2日残業デーを作って、コンスタントに月20時間くらいやるのがいいかも知れない。
このやり方なら半分以上の曜日で定時上がりができてかつ残業代も稼げる。
まとめたら、お得だね、なんてキャッチフレーズをどこかで聞いたことがあるが、言い得て妙です。
我ながら屑だなぁと思わないでもないけど、真面目にやってんだから批難される言われはない。
むしろ皆がこういう働き方をすれば、メリハリがついて全体としての残業は減るのではないだろうか?…そんなわけないわな。



帰宅して昨日作った生姜焼きトンテキをいただく。うまい。
おかげでクソみたいな仕事ばかりでイライラしてのが、だいぶ落ち着いた。
だいたいこういう日はビール飲んでるけど、今日はそういう気にならない。
昼間、倉庫でダンボールに八つ当たりしたのが良かったのかも知れない。
感情を、このブログもそうだけど、物や他人に吐き出すってのは、本当にいいのかもしれないね。



明日は出張だけど、世の中が休みなのでラッシュに巻き込まれないのが嬉しい。
世の中全体の休みが分散されて、働く時間もフレックスタイム制になれば、ラッシュも減り、世の中の色んな所に余裕が生まれると思うんだけどなぁ。
あとはテレワークね。
今の部署は来客が多かったり何なりでオフィスがやかましく、本当に仕事にならない事が多いので、早くテレワークを導入してくれないかと思う。


子育て世代の自分としては、10:00〜17:00(昼1時間)+20:00〜22:00の計8時間の勤務時間を希望します。
テレワークなら通勤もないし、家事育児との両立も可能だ!(残業なんかできません!)


なんの脈絡もないですが、帰りにトマトを買いました。
なお、当該トマトは夕飯後に作ったトマト煮には入れておりません。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。